Quantcast
Channel: ノモシカツナ・告廣誌雜之和昭
Viewing all articles
Browse latest Browse all 1420

ナツカシモノ

0
0

本日最後の日野作品は「日野日出志」氏の代表作、1976年(奥付では1985年の初版になってます)「日野日出志・ショッキング劇場・蔵六の奇病」の表紙画でお別れです。この作品はある方々には非常に有名な傑作短編ですね。。実際、50ページたらずの漫画なんですよね。。これが凄い!!ねむり沼の近くにある村の蔵六という心優しい少々頭の弱い男の話なんですが、蔵六の顔一面に七色の毒キノコのようなデキモノが出来始めて全てが狂い始めるのです。。。
いや、、、本当に素晴らしい作品なんです、、、正直、かなりグロテスクな描写が描かれているので万人にはおすすめ出来ませんが是非とも興味の有る方は一読願いたいものです。。。エンディングの素晴らしさは私が完全保証いたしますよ。。。私は読む度に目頭が熱く成るのです、、、たかだか恐怖漫画と侮る事なかれ、、、日野日出志作品は日本ではコアなファンがいらっしゃいますが、海外での評価もスコブルいいみたいで作画の作品集も出てますね。。。
やはり日野作品に漂う抒情的和の世界に溶け込む異様でグロテスクでありながら甘美な世界観が海外の方を魅了するのでしょう。。
この辺の作品は「ビザールモノ」としての認知がされている海外の方が評価が高いのが「我が国日本」の住人としては少々残念ではあります。。。

唯一無二之日野日出志世界、、、万歳。。

本日は以前紹介出来なかった恐怖漫画家の重鎮「日野日出志」氏の作品を集めてみました。。

尚、このコミックの数々を今から数十年前に譲ってくれた、K氏に感謝。。ニューマシンを大切に。。

では、皆様、サヨオナラプ~♪

1976年、日野日出志ショッキング劇場・蔵六の奇病より

Viewing all articles
Browse latest Browse all 1420




Latest Images