Quantcast
Channel: ノモシカツナ・告廣誌雜之和昭
Viewing all articles
Browse latest Browse all 1420

雑誌表紙&記事

0
0

本日最後は御大に締めて頂きましょう。
「小松崎茂」先生のオリジナルマシーーーーーンが超クーーーーールな1966年、5月8日号の表紙画でお別れです。
「一本足戦車」なる、オリジナルマシーーーーーン、、バランスの問題は??何て御大に失礼ですね。。(笑)
本日は以上です。。。
如何でしたでしょうか。。。

おっと、、、お時間が来てしまったようです、、、私は、この辺で’どろん’させて頂きます。。。
では、また、お会い出来れば幸いです。。。
小学校の運動会での「オクラホマミキサー」で好きな子の一つ手前で音楽が終わった時の焦燥感が今で
も忘れられないちょっと勝ち気なナイスボーイがお届けしました。。。

本日は、ネオアコの名盤決定!!moscow olympicsの「cut the world」をBGMにお届けしました。先日某CDショップの店内ポップ&最高のジャケットデザインで、我が家にやってきた一枚なんですが、、、うーーーん、素晴らしいです、、、このモスクワ・オリンピックスなる謎のバンド!!、さて、、正体は如何に??
90年代の渋谷系サウンドを少々漁っていた者にとっては懐かしいです。。。。ハイ
この5人組バンド所謂「ネオアコ」と呼ばれるアコーステックなギターポップなんですが、何と、フィリピンのマニラ出身と聞いて又、驚きました。。。
このジャケと音だけ聴いたらグラスゴーやスウェーデン産のネオアコバンドかと思う位クオリティーが高いです。。。このモスクワ・オリンピックス、、、フリッパーズ・ギターのファーストが好きな方ならイチコロでしょうし、、、「second trace」なんて疾走するベースがNew Orderのフッキーを彷彿とさせてくれてNew Order好きな私もニヤリとさせられました。
往年のネオアコファンの方もギターポップ好きな方にも是非とも聴いて頂きたい一枚です。。
いやーーー、恐るべしフィリピン!!!侮れません。。。儚げなヘナチョコボーカルが90年代のネオアコブームで活躍した「サラ・レーベル」の「blueboy」を彷彿とさせるのもネオアコファンには堪りません!!ネオアコ好きな方、、、この「blueboy」もオススメですよ、、、ベル・アンド・セバスチャンなんか好きな方はきっと気に入ることでしょう。。「if wishes were horses」というアルバム、ジャケも含め最高ですから、、、是非とも聴いて頂きたい、、おっと、、、横道にそれました。。。

兎に角、美メロ満載のモスクワ・オリンピックスの一枚、You Tubeにも「second trace」がアップされてますので是非ともご試聴をどうぞ!!!因にこのバンド名は大御所ネオアコバンド「オレンジ・ジュース」のB面の曲名から拝借したらしいです。。。
メッキリ暖かく成ってきたこの時期には「ネオアコ」が染みます。。。。
暫く遠ざかっていたネオアコ、、、久々掘り下げてみようかな、、、


では、どうぞ。

1966年、少年サンデー8月5日号より

Viewing all articles
Browse latest Browse all 1420