Quantcast
Channel: ノモシカツナ・告廣誌雜之和昭
Viewing all articles
Browse latest Browse all 1420

雑誌表紙&記事

0
0

本日最後の最後です。。。
1974年、原作「梶原一騎」大先生、劇画「ながやす巧」先生の純愛山河「愛と誠」の扉絵になります。
何度かテレビ化や映画化もされた名作ですよね。。。私も大好きな作品です。。。
早乙女愛の純真さに心惹かれた純粋な私でした。。。(笑)
この「愛と誠」は人気作らしくカラーの扉絵も多数有りどれも芸術性がある作品ばかりなんですよね。。
又、機会があればご紹介いたします。。。

本日は以上です、、、如何でしたでしょうか???
私はまた、夏の冬眠(?)に入ります、、、次は何時お会い出来るか分かりませんが、、、
又、お会い出来れば幸いです。。。

本日は降神のMC「なのるなもない」のソロアルバム「melhentrips」をBGMにお届けしました。「なのるなもない」のフロウはラップというよりスポークンワードに近く唯一無二の存在でしょう。。全体的に降神名義のアブストラクト作品よりナチュラル&オーガニック感重視のトラックが「なのるなもない」のフロウに見事にマッチしています。宮沢賢治の影響が強いのは「BOSS」同様ですが彼以上にリリックの叙情性が強く一遍の物語を語りかけてくれるが如く真摯にラップする「なのるなもない」の姿に感動すら覚えます。。アルバムのハイライトはラストの「帰り道」なんでしょうが個人的に「toto」との掛け合いが可愛い「まわらないで地球」がベストトラックだったりします。「志人」「なのるなもない」お二人さん、早くアルバム届けてください。。。(笑)

では、どうぞ。

1974年、少年マガジン12号より

Viewing all articles
Browse latest Browse all 1420